キトサンのサプリメントの効能や原材料について調べて紹介していきたいと思いますので、キトサンのサプリメントに興味がある人は是非ご確認ください。

【キトサン情報】人気のサプリメントの効能や原材料について調査していくサイト

キトサン情報

キトサンオリゴ糖とはなんですか?キトサンオリゴ糖について

更新日:

オリゴ糖が含まれた食品のイメージ

低分子キトサンの仲間

キトサンオリゴ糖は、「オリゴグルコサミン」や「キトオリゴ糖」ともよばれ、グルコサミンが2~8個連なったオリゴ糖類です。

キトサンを分解して生成されたものですね。分子量は2000以下で、低分子キトサンに含まれますが、一般的な低分子キトサン(1万以下に分解されたもの)よりもさらに低分子なのが特徴です。

キトサンの分子量による違い

キトサンは、分子が大きいと体に吸収されませんが、その分、体に害毒となる物質を吸着して排出する力が強くなります。それに対して低分子のキトサンは、吸着率は低くなりますが、吸収力が上がって血液や細胞に入り込み、血液中の毒を吸着して流したり、細胞を活性化したり、ウイルスの増殖をおさえたりする作用が期待できます。

キトサンオリゴ糖の効能

キトサンは低分子になるにしたがって吸収力が増しますが、キトサン本来のはたらきは薄れていってしまいがちです。でも分子量2000以下のキトサンオリゴ糖となると、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージを活性化するはたらきがプラスされ、さまざまな疾患に効果を発揮します。

NK細胞は、健康な人でも毎日生産されているがん細胞や細菌類を攻撃してくれる細胞で、NK細胞が元気であればあるほどがんを発生する可能性をおさえることができます。

マクロファージは、体の組織の中にいるアメーバ状の細胞で、ウイルスや細菌どの異物を消し去りながらそれらの免疫情報をリンパ球に伝達する役割を持っています。

こうしたはたらきによって、再び同じような異物が体内に侵入した際には、効率的に攻撃することができるのです。

高分子キトサンもキトサンオリゴ糖も大事

キトサンオリゴ糖の目を見張る効能には感心しますが、キトサンの理想的な摂取としては、キトサンオリゴ糖だけでなく、合わせて高分子キトサンも摂ることをおすすめします。

体に毒となるものを吸着・排出した上で、NK細胞やマクロファージを活性化したほうが、健康を維持していくには有効だからです。

それぞれの特長を生かして、上手にキトサンを摂取していきましょうね。

\ シェアしてください /

-キトサン情報

Copyright© 【キトサン情報】人気のサプリメントの効能や原材料について調査していくサイト , 2018 All Rights Reserved.