キトサンのサプリメントの効能や原材料について調べて紹介していきたいと思いますので、キトサンのサプリメントに興味がある人は是非ご確認ください。

【キトサン情報】人気のサプリメントの効能や原材料について調査していくサイト

エビやカニに含まれるキトサンとアスタキサンチンの違いは?

エビとカニ イラスト

キトサンとアスタキサンチンについて

キトサンとアスタキサンチンの違い

キトサンもアスタキサンチンも、サプリメントでよくみられる成分ですよね。そしてどちらも、カニやエビに含まれています。

このふたつの違いは、簡単にいってしまえば、キトサンは動物性食物繊維で、アスタキサンチンはカロテノイドの一種の赤い色素です。

両方ともすぐれた効能が認められているので、サプリメントやコスメに使われるようになったのですね。

参酌★キトサン http://kanikara.jp/

キトサンのおもな効能

キトサンは、免疫力をアップし、自然治癒力を高めてくれるので、がんや感染症の抑制効果が期待できます。また、体に害となる重金属や放射性物質、脂質や塩分などを吸着して排出する作用があるので、健康の維持や成人病の予防、ダイエットにも有効です。

アスタキサンチンのパワフルな抗酸化作用

エビやカニ、鮭の赤い色素であるアスタキサンチンは、キトサンよりも強力な抗酸化パワーを持ち、紫外線やウイルス、ストレスなどによるダメージから体を守ります。

酸化をおさえるので、キトサンと同様、がんにも有効にはたらきます。特に、大腸がんや膀胱がん、下がんに効くことが、実験によって解明されています。

そして抗酸化作用といえば、「アンチエイジング」を連想する人も多いのではないでしょうか。アスタキサンチンは活性酸素を退治して全身細胞のサビを防ぐため、エイジングケアとしてコスメやサプリメントに広く利用されています。

エビを丸ごと食べて一緒に摂取

このふたつのすぐれた成分が含まれるのがエビやカニです。でも、アスタキサンチンは殻と身両方に含まれますが、キトサンは殻にしか含まれません。

ですから、エビを殻やシッポごと食べると、このふたつの栄養素を一緒に摂ることができます。カニは殻ごと食べるのは無理ですが、エビならできますよね。

またエビの殻には、ほかにもタウリンやナイアシンも含まれています。コレステロール値をおさえたり、肝機能や血圧のコントロールをしたり、糖尿病を予防したりするタウリンと、循環系や消化系、神経系のはたらきをサポートするナイアシンも一緒に摂取することができるエビの殻は、まさに生きたサプリメントです。

さまざまな疾患や加齢と戦う強い味方ですね。

\ シェアしてください /

更新日:

Copyright© 【キトサン情報】人気のサプリメントの効能や原材料について調査していくサイト , 2018 All Rights Reserved.